外部精度管理体制

T-スポット検査は、UK NEQAS(National External Quality Assessment Service)スキームを通じて、外部精度管理を行うことができます。

操作上の注意

Interferon Gamma Release Assay(IGRA)スキームでは、8週間ごとに2標準検体が配布されます。 配布される標準検体は、同じ患者様から採取された検体でIGRAの各検査に適したフォーマットに調整されています。 検査施設では、配布された検体を用いて検査を実施し、結果をNEQASに報告します。 結果報告を受けたNEQASでは、全結果を報告書にまとめた上で各検査施設にフィードバックします。 検査結果は「陽性」「陰性」「判定不可」のいずれかで表示され、結果が誤っていれば、その旨報告されます。 報告書には、全検査施設からの検査結果の傾向、臨床的解析の分析、ならびに検査施設ごとに検査の正誤が記載されます。

当該スキームの詳細、あるいはスキームに参加を希望される施設は、弊社までお問い合わせください。